中国ホンダ(五羊本田)が作っていて日本では(ディーラー車としては)販売されていないCB190Xというバイクがありまして、それがビビッときたので展示車を見にバイク屋さんへ行きました。

ベビーX登場! 本格アドベンチャーツアラーのCB190X[中国ホンダ]旅装備満載で限定入荷
https://young-machine.com/2019/09/13/44176/

名前の通り排気量190cc(正確には184cc)のバイクで、シールド・ナックルガード・3点パニアケースが付いて36.9万円。輸入車という扱いになるので乗り出し価格には輸送費等も含まれるそうですがそれでも45万円。

ホンダ CB190X
https://www.goobike.com/spread/8200209B30191114001/index.html?disp_ord=12

バイク本体もパニアケースも結構しっかりしたつくりで、跨がった感じも華奢な感じとかなくすごくしっかりしている。シートも固くなく、これならロングツーリングにもってこいなんじゃないかと思ったわけですが……

そもそも今まで原付以外のバイクに跨がったことがなかったのでちょっと想定できてなかった点がありました。

まず、バイクは思っている以上に大きいということでした……特にCB190Xの場合はパニアケースがついていることもあり、かなりでかく感じました。そしてこのサイズだと「今の駐輪場には置けないな……」ということでした。

昨年11月に引っ越しをしまして、今までは置けるところに置いていた原付に、正式な駐輪スペースを確保することができました。新しいバイクもここに置くつもりだったのですが、「いやでかすぎて無理!」となったのでした。買う前でよかったね……。

パッケージはバッチリ!デザインも結構かっこいい!乗った感じもイイ!と、バイクとしては(少なくとも展示車で確認できた範囲内では)申し分ないバイクだったのですが、買う前にまず置く場所を新たに確保しないといけないな……ということになりました。

さらに、このサイズのバイクですとご近所を徘徊するレベルの移動にはちょっと大きすぎます。これは3点パニアがガッチリ固定されていて外すことが考慮されていないというのもあるんですが、バイク単体でも「これは大きいな」と思いました。

ご近所を徘徊するためのバイクが別に欲しくなりました……それが今乗っている原付でもいいんですが、制限速度や二段階右折や通行できない道路など制約が多すぎる50ccを今後も乗り続けるかというと微妙です(ほんとは3年乗る気で買ったんですけどね……)。ご近所を徘徊するのは110ccや125ccがいいかな……と思った次第です。これくらいの排気量の車格であれば、(モノにはよりますが)今の駐輪場に置けます(やはりここが重要)。今日行ったお店にあったクロスカブとかいいなと思いました。今までクロスカブって興味なかったんですけど、大きいバイクを見た後にあのスリムなスタイル見ちゃうと「これいいなぁ~~~」ってなっちゃったわけです。

まぁそうなってくると、184ccという排気量が中途半端になってくるわけです。遠出するならもうちょっと大きい方がいいだろう、それも110や125を別に所有するとなればなおさら……といったような話を、一緒にバイクを見に行ってくれたバイク鯖(mstdn-bike.net)の面々と、さわやかでハンバグ食べながらの反省会で話をしていました。

とりあえず「単純にタクトからCB190Xに乗り換える」というのはなくなりましたし、「タクトとCB190Xを両方保有する」というのも現実的ではあるけどちょっとな……という感じでして、まずはタクトの代替となる110or125を購入して乗り換えるか、駐車場探してきてCB190X買うかは、本日時点では決められませんでした。なおハンコは持ってきておりました。

個人的には、まずは免許を取って、タクトからクロスカブやDio110やアドレス125あたりに乗り換えようかなとか思ったんですが、これに関しては皆さんのご意見も伺ってみたい次第です。本記事へのご意見ご感想は@8mitsu@mstdn-bike.netまで。お待ちしております。お手柔らかにお願いします……。

とりあえず、免許取ることだけは決まりました。あとは教習所をどこにするかで悩んでいたりします……。